原付バイク保険

原付は、正式には原動機付自転車といい、自転車の延長のような感覚で気軽に乗ることのできる乗り物です。

◆保険が家計負担にならない!!
>> 自動車保険見積り

16歳以上の高校生から主婦、年配の方まで幅広い層に利用されています。原付も自動車免許と同様に、試験や講習を受けて免許を取得しなければなりません。
交通事故の可能性は自動車や自動二輪車と同様との考えから、原付バイク保険へ加入する必要があります。
原付保険は、125cc未満の排気量のバイクに適用される保険です。排気量が50ccから125ccであるバイクも原付と呼ばれますが、原付免許の範囲で乗ることができるのは、排気量50cc未満のものに限られます。
原付保険には、強制保険である自賠責保険と任意保険とがあります。
走るだけであれば、年間7千円ほどの自賠責保険に加入していれば問題ありませんが、やはり万が一の事故の場合を考えなければなりません。
相手の怪我の程度によっては自賠責保険だけでは不足ですし、自分の怪我を補償してもらうこともできません。
しかしながら現実は、十分な補償を受けることができるようなプランを組むと、任意保険の年間保険料が4万円前後と結構な高額になってくること、原付を主に使用しているのが学生など、金銭的にあまり余裕のない層であることもあり、任意保険には加入しないというケースも多いようです。

また、原付免許は基本的に短期間のうちに取得することができるものであり、普通自動車免許があれば講習などを受けることなく運転することもできるため、自転車感覚で保険未加入のままに乗ってしまう場合も多いといわれています。

さらに、自賠責保険にもいうことができますが、車検がないことも理由として挙げられます。
年単位で保険を更新しなければなりませんが、定期的に行われる車検のような目安がないために、うっかり更新を忘れてしまうことも少なくないようです。
公道に出る以上、危険が伴うことを忘れてはいけません。
普通自動車の任意保険に加入している場合、本契約に「ファミリーバイク特約」をつけることができます。
保険会社によって差はありますが、年間7千円前後の保険料で契約することができますので、原付バイク保険と比べると保険料に関する負担は少なくなります。免許を所持している家族全体に適用されるなど、便利な特約ですので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

自動車保険見積りなら

この記事のタグ

サイト内関連記事

バイク保険
高速道路でのバイクの二人乗りも解禁となり、ライダー達にとっては利用の機会がますま......
バイク保険 見積り
バイク保険には、原付やバイクの所有者が全員加入しなければならない自賠責保険と任意......
東京海上バイク保険 評判
バイクの任意保険に加入している人はあまり多くはないようですが、万が一の事故に備え......
あいおい損保バイク保険 評判
東京海上のように単独のバイク保険がなく、自動車保険の特約としてバイク保険を組み合......

関連ニュース

▲このページのトップへ