原動機付自転車保険

原動機付自転車保険は、主に「原付」と呼ばれるバイクに適用される保険です。原付(原動機付自転車)は、16歳以上から乗ることのできる気軽なバイクですので、幅広い層に利用されています。気軽に利用するため、もしものときのための保険は万全にしておかなければなりません。原動機付自転車保険には、加入が義務付けられる自賠責保険のほかに、任意保険があります。

◆保険が家計負担にならない!!
>> 自動車保険見積り

原動機付自転車保険は、走るだけであれば、年間7千円ほどの任意の自賠責保険にだけ加入していれば問題はありません。ただ、万が一事故があった場合、相手の負傷の程度によっては自賠責だけでカバーすることができません。また、自賠責の補償対象は被害者だけとなるため、自分が大怪我をしがちなバイク事故では補償が不十分となります。
実際に原動機付自転車保険に加入しているライダーの割合は低いのですが、その理由は、保険料の価格が割高なところにあります。十分な補償を受けることのできる保険プランを組むとなると、年間保険料が数万円にもなってしまいます。また、普通免許で原動機付自転車に乗ることができるため、自転車感覚で保障の不十分なままに乗ってしまう場合が多いことも、その理由の一つでしょう。

また、自賠責に対しても当てはまることですが、保険は年単位で更新しなければならないものです。車検のように保険期間の期日を知らせる目安がないため、うっかり更新を忘れてしまうというケースもあります。

保険料に関する問題は、家族が普通自動車の任意保険に加入しているのであれば、「ファミリーバイク特約」をつけることで家族全員に保険が適用されるため、十分に保障をカバーすることができます。特約をつけることで、年間1万円程度の費用で車の任意保険と同じ補償を受けることができます。原付を譲渡するか廃車にしたい場合は、保険の譲渡による変更、廃車による解約の手続きを行う必要があります。
万が一事故を起こしてしまった場合には、必ず金銭的な負担がかかります。保険の期限が切れてしまった場合でも、近年ではコンビニやインターネット上で簡単に契約を更新することができます。事故は、起こってからでは遅いため、期限のことは常に頭に入れておきましょう。バイクの保険は様々な保険会社で取り扱われています。

自動車保険見積りなら

この記事のタグ

サイト内関連記事

自転車保険 比較
「自転車保険」というものをご存知でしょうか?盗難のための防犯登録に加入しているこ......
損保ジャパンの自転車保険 評判
自転車に関する自賠責保険は、自動車保険に付帯しているケースが多くなります。損保ジ......

関連ニュース

▲このページのトップへ