自動車保険の種類

自動車保険は大きく分けると、加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわゆる「自賠責保険」、任意自動車保険(任意保険)の2種類があります。
「どのような事故で、誰に、何に保障が及ぶのか」という中身について理解し、自分が必要であると考える保障内容の自動車保険に加入しておくことが推奨されることになります。

◆保険が家計負担にならない!!
>> 自動車保険見積り

自賠責保険は万一の事故の際、被害者や遺族に支払う賠償金を確保するためのものです。
保障が及ぶ金額は傷害の場合が最高120万円、死亡の場合が最高3,000万円、重度後遺障害の場合が最高4,000万円です。
法律で加入が義務付けられていて、自賠責保険証は社内に積んでいなければ罰金となり、無保険車は車検を通すこともできません。
ちなみに自賠責保険は人身事故の際に適用され、車などの「物」や「自分自身の怪我」には一切適用されません。
また、上限額が決まっていますので、それを超過した場合は自分で支払わなければなりません。
そのための保険商品が任意保険ですが、こちらも種類が分かれます。

対人賠償保険は、事故で他人に怪我をさせたり死亡させた場合に、自賠責保険の保障額を超える額を保障するものです。
金額は無制限で契約するケースが多いようです。また、対物賠償保険は他人の車や物などに及ぼした損害についてのもの。

相手が営業者などである場合は、営業機会の損失についても補償します。
搭乗者傷害保険は運転者、同乗者問わず車に乗っていた人が対象で、入院や通院費を補償します。
そのほか、単独事故などによって怪我をした場合を対象とする自損事故保険、相手が保険に加入していない場合や当て逃げなどによって保障を受けることができない場合に適用される無保険車傷害保険、また偶然の事故によって自車が損害を受けた場合に適用されるものもあります。
それぞれの中身を組み合わせ、保障を充実させていきます。任意保険については複数のプランを組み合わせたり、補償額を選ぶことができます。
自賠責保険をカバーするために、種類と中身について検討しましょう。
ただし、保険料の計算方法やロードサービスなどの付帯サービスの内容は会社によって異なります。
また、事故後の対応にも差があるようですので、保険料だけで決めず保険会社などに確認したり、情報収集することも必要です。

自動車保険見積りなら

この記事のタグ

サイト内関連記事

自動車保険の選び方 掛け金
自動車保険の選び方のポイントのひとつとして、掛け金があります。 自賠責保険の掛け......
自動車保険選び方 保証内容と範囲
自賠責保険は加入が義務づけられていますが、補償されるのは被害者に対してのみで、自......
自動車保険の選び方 事故対応
自動車保険が完全自由化されて以来、国内外の会社が次々と参入し、その認知度も高くな......
自動車保険 免責事項
自動車保険には免責事項が設けられています。飲酒運転、無免許運転、故意や重大な過失......
自動車保険 一括見積もり
自動車保険の保険料は免許証の色、等級、車種、走行距離、事故歴、通勤・通学に使用し......
自動車保険 比較
自動車保険が完全に自由化されてから、様々な会社によるサービス競争が盛んになってき......

関連ニュース

▲このページのトップへ