自動車保険選び方 保証内容と範囲

自賠責保険は加入が義務づけられていますが、補償されるのは被害者に対してのみで、自分の怪我や車などの物は対象外となります。
上限額も設定されていますので、不足分は自分で負担しなければなりません。そのため、任意保険と組み合わせて加入する必要が生じます。

◆保険が家計負担にならない!!
>> 自動車保険見積り

自動車保険の選び方のポイントとしては、まず保証内容と範囲についてよく理解することが必要です。
自動車保険の選び方で重要となってくるものに、任意保険の保証内容とその範囲があります。まず、自賠責保険に近い範囲となる対人賠償保険は、自賠責の上限額を超えた部分が補償され、自分や相手の車の搭乗者、歩行者など、「他人」に対してのみ支払いが行われます。ただ、過失の割合によって金額が減額されることになります。
「自分」が対象になる保険商品には搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険などがあります。
搭乗者傷害保険は、運転者、同乗者の別を問わず、搭乗中の人の怪我、死亡などについて、過失に関係なく適用されるものです。
金額については入院・通院1日ごとの金額が決まっている場合、怪我の区分による金額の決まっている場合があります。

いずれにしても治療費すべてがカバーされるわけではありません。
自損事故保険は、単独事故など、自分の過失が100%である場合が対象となりますが、対人賠償保険に加入するとセットで付加されることが多いようです。
ただ、自損事故保険を適用させると等級が3段階下がりますので、少々の怪我では利用しないことが無難であるかもしれません。

車両保険は自分の車に対する保険で、支払金額は保険会社の判定による車の時価金額が上限となります。
盗難、当て逃げ、落書きや傷をつけられた、自分のミスで物にぶつかり傷がついたなどの場合が対象となりますが、契約タイプによって補償範囲は異なります。保険料率が割高であったり、等級が下がることもありますので注意が必要です。
自動車保険については、会社によって保証内容や範囲、支払われ方も異なり、選び方によっては保険料が割高になることもありますので、慎重に検討しましょう。
知人が自分の車を運転している場合に保険を適用することができたり、保険の適用による等級の下落を防ぐ特約などもありますので、必要なものは増やして補償される範囲を広げておくとさらに安心です。

自動車保険見積りなら

この記事のタグ

サイト内関連記事

自動車保険の種類
自動車保険は大きく分けると、加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわ......
自動車保険の選び方 掛け金
自動車保険の選び方のポイントのひとつとして、掛け金があります。 自賠責保険の掛け......
自動車保険の選び方 事故対応
自動車保険が完全自由化されて以来、国内外の会社が次々と参入し、その認知度も高くな......
自動車保険 免責事項
自動車保険には免責事項が設けられています。飲酒運転、無免許運転、故意や重大な過失......
自動車保険 一括見積もり
自動車保険の保険料は免許証の色、等級、車種、走行距離、事故歴、通勤・通学に使用し......
自動車保険 比較
自動車保険が完全に自由化されてから、様々な会社によるサービス競争が盛んになってき......

関連ニュース

▲このページのトップへ