自動車保険 免責事項

自動車保険には免責事項が設けられています。飲酒運転、無免許運転、故意や重大な過失による事故などの場合は保険金が支払われません。
せっかく加入していても保険金を受け取ることができないと、大金を自己負担することになりかねません。

◆保険が家計負担にならない!!
>> 自動車保険見積り

選び方を考える際には免責事項についても知っておく必要があるでしょう。解約手続きについてもご紹介します。
自動車保険に加入していることで、すべての自動車事故が保険金の対象となるわけではありません。
保険会社が規定している免責事項にあたる場合には保険金は支払われませんので、選び方を考える際には免責事項の内容についても確認しておきましょう。
たとえば飲酒運転、無免許運転、故意や重大な過失による事故については自損事故保険、搭乗者傷害保険、無保険車保険、車両保険が適用されません。
これも考え方によるものがありますので、飲酒運転による事故も相手方を救済するという意味においては、自賠責保険や対人賠償、対物賠償保険では補償対象となります。
また、地震、台風、津波、高潮、洪水、噴火といった自然災害に伴う事故には対人賠償保険、対物賠償保険、無保険車傷害保険が適用されません。

そのほかにも、たとえば保険の対象者が30歳以上とされている場合に29歳以下の人が起こした事故については対象となりません。

また、家族限定である場合も家族以外の運転者による事故は対象外です。
免責事項の規定については、契約時に受け取る約款にも記載されていますので、一読して確認しておきましょう。
なお、解約手続きについては、任意保険の場合はいつでも可能となりますが、加入が義務付けられている自賠責保険については、「適用除外者となった時」、「告知義務違反があった時」、「重複契約があった時」、「自動車を廃車にした時」という場合にのみ解約することができますので、注意が必要です。
免責事項は、自動車保険の選び方の中でも見落としがちですが、重要なポイントです。
よく理解しておくことで、請求したのに支払われなかったという事態を避けることができます。
解約手続きについては、自賠責保険について特に注意が必要です。自動車を使用していないだけでは解約することはできません。
登録の抹消や廃車に関する証明書類を揃え、損害保険会社に連絡しましょう。

自動車保険見積りなら

この記事のタグ

サイト内関連記事

自動車保険の種類
自動車保険は大きく分けると、加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわ......
自動車保険の選び方 掛け金
自動車保険の選び方のポイントのひとつとして、掛け金があります。 自賠責保険の掛け......
自動車保険選び方 保証内容と範囲
自賠責保険は加入が義務づけられていますが、補償されるのは被害者に対してのみで、自......
自動車保険の選び方 事故対応
自動車保険が完全自由化されて以来、国内外の会社が次々と参入し、その認知度も高くな......
自動車保険 一括見積もり
自動車保険の保険料は免許証の色、等級、車種、走行距離、事故歴、通勤・通学に使用し......
自動車保険 比較
自動車保険が完全に自由化されてから、様々な会社によるサービス競争が盛んになってき......

関連ニュース

▲このページのトップへ